Recently
Archive
Category
Link
Profile


スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


--.--.--(--) - スポンサー広告


テローウィン

ハロウィンだからお菓子を食べて踊って飛んでみる。
心地よい自由はぼくらの暮らしを豊かにしてくれる。
甘いお菓子に救われるぼくら。
気持ちの良い午後、キャンパスをディズニーランドに変身させることだってできるのだ。
ボスはカプリコをおいしそうに食べる選手権に出たら良い。
CrazyRabbitsは今日も狂い兎でした。

DSCF8258.jpg


DSCF8295.jpg


DSCF8297.jpg


DSCF8302.jpg


DSCF8316.jpg


MOMOZO

スポンサーサイト

2006.10.31(Tue) - ■病棟■


AppleCandy

ドラムがおっきくなって帰ってきた。
あの頃のようにみんなでごはん食べて珈琲屋行ってアタマワルイ会話してみる。
ふわふわぽかぽかして落ち着く。
お腹とほっぺが少し痛くなる。

DSCF8201.jpg


DSCF8213.jpg


DSCF8221.jpg


DSCF8224.jpg


DSCF8237.jpg


ディ、早く帰ってきて。
アップルキャンは待ってるぞ。


MOMOZO


2006.10.30(Mon) - ■カルテ■


CrazyRabbits:2日目

展示二日目。

この日は朝からロリイタで出動。
前日までの激しい疲労で少し遅れて会場に現れたCrazyRabbits。

私はこの日、3つのバンドを撮影させてもらうことになっていました。
そんな時に、朝からバタバタしていてマイカメラを忘れてしまう。
ドジなマネージャーでごめんなさい。>蜜柑夏
一瞬パニくったけど、E子さんのデジカメを拝借して無事お仕事できました。
E子さんが居なかったらどうなっていたことか。E子さんに心から感謝です。

CIMG0662.jpg

青い空。白い雲。青い服。白い瞳。

CIMG0670.jpg

ロリイタちゃんに囲まれて華やかなステージ。

CIMG0734.jpg

夕暮れのステージの空には白い月が浮かんでいました。

CIMG0707.jpg

ロリイタ集団CrazyRabbitsでメイドカフェへ行きました。


今回ぼくらが一番伝えたかったことは『ロリイタ≠メイド』ってこと。

メイドの格好で学校来てたら気持ち悪いでしょ?
ロリイタも授業に来る格好じゃないって?

メイドはお仕事をします。
ロリイタはお勉強をします。

気になってきた人はスタッフまでお気軽に質問をどうぞ。

リボンの結び方、レースの種類、買ってはならないブランド、ぬいぐるみとの遊び方。
きれいなアイライナーの引き方、ストリップショー、タトゥー、ピアッシング。
CrazyRabbitsは多種多様な人材が揃って居ります。

最後に。
一ヶ月間ありがとう、CrazyRabbits。


MOMOZO


2006.10.29(Sun) - ■病棟■


CrazyRabbits:1日目

展示当日。

私が焼きビーフンとドキドキしている間に、メンバーはガタガタゴタゴタ用意をしておりました。

DSCF8024.jpg

計り知れない重さの音楽雑誌とロリイタ雑誌、エロ漫画が並んでいます。

DSCF8037.jpg

始まってしまえば疲れも体調不良も麻痺してしまうものです。

DSCF8039.jpg

空間に溶け込むお嬢さんも、違和感たらたらの人も続々とやってきました。

DSCF8062.jpg

私は2時間程、和室でお茶会を。

一日目はあっという間に終わりました。

焼きビーフンに着付けしてもらった着物は帰りには花魁風になっておりました。
着物にエロさはいらねえ。
呼吸する力だけ残ったぼくたちは夜の町へ消えました。

MOMOZO


2006.10.28(Sat) - ■病棟■


狂った兎たち

展示準備の様子

DSCF8026.jpg

少年装をコーディネートしてます。

DSCF8029.jpg

脚立が行き来してます。

DSCF8034.jpg

赤い絨毯が敷かれました。

DSCF8030.jpg

4体のトルソー様がんばってくれてます。


まだまだ未完成な空間は、とうとう本番を迎えることになりました。

MOMOZO


2006.10.27(Fri) - ■病棟■


印刷工場2

おはようございます。

昨夜は、メンバーで作業を6時間。
学校の展示場所も少しずつ晴れやかになってきました。
今日は睡眠時間2時間半です。
とうとう明日は本番。
楽しみます。

MOMOZO


2006.10.27(Fri) - ■カルテ■


印刷工場

午前2時半まで作業。
私の部屋が印刷工場になって、ボスの指導の下、6時間。
ポストカード、ポスターが生み出されていく。
デザインが楽しい。
アナログ作業は青春。
自分を満足させてくれる世界はまだまだ隠れているのかも。

がんばります。

MOMOZO


2006.10.26(Thu) - ■カルテ■


ダンデライオン

ph000.jpg


できる子が周りにたくさんいて、自分がなんにもできないことが目立ってそのことがひどく自分を責めて苦しい。

こないだの授業では自分の人生で誇りに思うことを書きなさい、と云われて何一つ書けなかった。

今日のお稽古で、いつも通りに練習しようとしたら今までできてたことができなくて頭が真っ白になって部屋の端の方で特別の練習場をつくられてしまった。
泣いた振りをしたけど、本当は本当に泣きそうなくらい悔しかった。
泣きたいときもある。
一人きりがいいときもある。
伝えたくても伝えられないときもある。
なんかが喉にひっかかっている。
人に迷惑をかけたくない。
心配かけたくない。
自信が無い。
体に心がついていけない。
言葉がどっかに飛んでいく。

全然できなくてもいいのにね。
でも、今の侭では厭。
何年後、もしかすると数ヶ月後、今のあたしをみてあたしは笑っているだろう。
はじめの一歩はすごく体力がいる。
できなかったことができるようになったとき、すごく力になった。
そのおかげで今の自分がいるはずなのに、どうして素直に喜べないんだろう。

でも、悔しいという気持ちはひさしぶり。
プラスの種が撒かれた今日から成長がはじまる。
のびたいって叫び。
大きくなりたい。
種を創る花になるまで。
そのときあたしはまだこの花じゃないって文句を云うのだろう。

MOMOZO


2006.10.24(Tue) - ■病棟■


白いガラスのテーブル

ガラスの板に白い柱が4本立っている。
生成り色の電気スタンドにピンクの立体的な半月が顔を出している。
白い四角の枠から赤や黄や青の色が出ている。
小さなキャラメルのようなサイコロのような四角いのが並んでいる。
となりに固形石鹸がひとつ。
求めているのはシンプルな世界。
そこにすきな形とすきな色をのせていけたらどんなに楽しいだろうか。

夢は日に日に漠然としている。
意味のないようで意味があるものがすき。


MOMOZO


2006.10.23(Mon) - ■病棟■


ピンク

ph004


夜、友達に髪をピンクに染め直してもらったら元気がでました。

明日からはまた学校。


MOMOZO


2006.10.22(Sun) - ■美容外科■


結婚式

cl00

今日は従兄弟の結婚式でした。

朝から家族みんなで隣町に移動し、
母と私は某ホテルの美容室にて、髪と着付けをしてもらいました。

写真も前回の従兄弟の結婚式の時より
部屋に自然光が入っている所為か
きれいに写すことができました。

雰囲気は光だけではなく、
其処に居る人々が作りだすものなんだということを感じました。

あったかい日でした。


MOMOZO


2006.10.21(Sat) - ■カルテ■


帰省

ph003


今日は実家に帰りました。
明日の結婚式に出席するためです。

レンタルしてきた音楽を9枚分CDにしました。

UA。YUKI。QURULI。EGO-WRAPPIN'。


MOMOZO


2006.10.20(Fri) - ■カルテ■


サブカルチャー

cl00


この秋初のロリ服で学校行きました。
メンバーとゴスロリ展示のビラ配りをするためです。

知らない人が会釈してきました。
外国の方々にはたくさん写真を撮られました。



MOMOZO


2006.10.19(Thu) - ■病棟■


アート巡り

ll00


LAUTRECのポスター展をみてきました。
絵具べちょべちょしたくなりました。
中学時代全く絵心がない私は税金のポスターで当時はまっていたTVゲームに出てくる脇役のおばちゃんに買い物カゴを持たせて書いたりしました。だけど、アクリル絵具でペタペタ色を塗る工程は楽しくて大好きでした。色作るのも。

映画もみました。
おにぎりが食べたくなる映画。
和食が食べたくなる映画。
たいせつな人においしいごはん作ってあげたくなりました。
きのこ採りにも行きたくなりました。
エプロンして自然に溶け込みたくなりました。

オムライスの達人になりたいです。

MOMOZO


2006.10.18(Wed) - ■精神科■


放課後の湖


ff


授業が終わり、湖に行きました。
白鳥が優雅に湖で遊戯し、水鳥が水面をスイスイと飛び、足長蜘蛛がお散歩して居るのでした。
自然の中で、久しぶりに呼吸ができた気がしました。
間伐された幸福の緑が紅葉の予告をして居りました。
夕暮れになり、湖から出てきた白鳥に近づきました。
草を啄ばむ彼に威嚇され、人間の私たちは馬乗りすることはできませんでした。

MOMOZO


2006.10.11(Wed) - ■外科■


生きた博物館

おてんとさまがぽかぽかの朝、郵便局に行きました。
家の前の保育園だった空き地の横の近道を通って行きました。
すると、民家の周りにトラックと作業着の人たちとおばあちゃんがザワワザワワと何かして居ます。
下をみると其処には宝物がいっぱい転がって居ました。
きっと私のドライアイの眼は一瞬で潤っていたでしょう。
レトロな食器や足が錆びた机や古めかしいものがなんとか産業とかいたトラックに乗せられようとしていました。
私が貰えないかと訊ねると、おばあさんは「持ってけ、持ってけ。」と次々に私が微妙な物まで買い物袋に詰め込んでしまうのでした。
「もっこ」という荷物を運ぶものや、昔の木ぞり、スキー靴など出てくる昔活動していたガラクタたちをトラックがあっという間に飲み込んでしまいました。

glk02


私が一番欲しかったのは取り壊される民家の中に並んだ二つの棚でした。
しかしどうやら其の棚は取り出した後で使う、とおばあちゃんが仰るので、目に焼け付けてきました。

glk00


レトロ食器と机を貰い、一人で飯事遊びをして居りました。
お酒の入れ物は貰うか迷ったのですが、おばあちゃんが「おめえの家で酒飲む人いねぇか。これ、いいもんだから持っていげ。」と云うので頂戴致しました。

glk01



MOMOZO


2006.10.03(Tue) - ■カルテ■


金色の手帖

sl000


2006年10月01日。

こんな間近でSLを見たのは初めてでした。
乗るには切符代620円+800円かかるらしく、友達も居たので普通の電車に乗ることにしました。

満足するまで近付いて見た後、反対側の電車の中からSLとSLを見送る人々を撮りました。

停まる駅々には、一眼レフを構えた人が。

みんなに愛される汽車たち。

機関車トーマスのようなモノが生きてる類の番組は大切にしてもらいたいのです。
アンパンマンに出てくる生きてる食べ物は深いなぁと。
黴菌も。水筒も。

近頃すごく、モノにも命があると感じることがあります。

茶道をしているからか、お坊さんのお話を聞くようになった所為か。
モノの生き様をヒトより強く感じる時さえあります。


今日のお出かけの目的は、新しい手帖を買うことでした。
三年前からAfternoonTeaの手帖を愛用していたが、先に寄った文房具ビルloftで素敵な手帖に出会う。
値段もATとは比べ物にならない位お手頃。
見た目は手帖と云うよりも、ゴールドの単行本。
JaneMarpleのステッカーを貼って完成。
乙女の日記でも書くことにします。


MOMOZO


2006.10.01(Sun) - ■カルテ■





/
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。