Recently
Archive
Category
Link
Profile


スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


--.--.--(--) - スポンサー広告


osaka

k003.jpg


角を曲がったら小学校がありました。


MOMOZO

スポンサーサイト

2007.03.31(Sat) - ■整形外科■


osaka

k002.jpg





MOMOZO


2007.03.31(Sat) - ■整形外科■


osaka

k001.jpg


都会にも田舎はあり、田舎にも都会がある。

どこにいっても感じられるかどうか。
感動するのかしないのか。




MOMOZO


2007.03.31(Sat) - ■整形外科■


no title

draw000.jpg



波動



MOMOZO


2007.03.31(Sat) - ■人工呼吸■


i'm home

k000.jpg


ヒトと思い切り想いを話すことがすごくストレスを消すんだと気づきました。
自分を出せば出す程すごく心が軽くなるということも。

少しずつ自分を話せるようになれたらと思います。



MOMOZO



2007.03.30(Fri) - ■精神科■


i am a cat, you are a rabbit.

001.jpg




MOMOZO


2007.03.24(Sat) - ■精神科■


polka dots

000.jpg


古着屋さんに入ったら水玉中毒になって、水玉模様の服を三着買ったのでした。


MOMOZO


2007.03.23(Fri) - ■精神科■


flower

人々の日常において【あたりまえ】という概念がどれだけの【ありがとう】を消滅させていることか。


fl000.jpg


fl001.jpg


fl002.jpg


fl003.jpg


fl004.jpg


fl005.jpg



花壇から学ぶことがある。

現実で起こる問題から目を背けてはいけないということ。
命を生かされているということ。
死がやってくるということ。
時間は流れているということ。
ここに立っているということ。
自分はひとりだということ。
死と生があるということ。
産まれては老いていくということ。
あたりまえではないということ。



MOMOZO


2007.03.22(Thu) - ■カルテ■


smile

b000.jpg


最近実践していることがあります。
それは笑顔の練習。


2007.03.21(Wed) - ■精神科■


chance

s000.jpg



今日はお彼岸の中日。

就触活動を始めてからいつの間にか3ヶ月以上経過していました。

思うことは日々変化しているということ。
そして、決断を繰り返して来たということ。


【就職活動をしないんだ。】と思っていた日から
【就職活動をしよう。】と思った日。

それが分かれ道で、そこから自分の動きに大きい変化が生じて今の自分が在る。

人生において「選択する」ことは避けられず、繰り返されること。


MOMOZO


2007.03.21(Wed) - ■精神科■


friend

p001.jpg


撮る度におもしろくなるポートレイト。



2007.03.20(Tue) - ■カルテ■


friend

p000.jpg




4年間同じマンションで暮らしていた彼女には、生きる力をもらいました。
知らないヒトに絡まれたり、他にもダークな体験を共にした仲です。
いつもやさしくて真剣で力強くて頼もしくて、好きになりそうでした。
Gackt氏のことも教えてくれました。
黒いアルバムを貸してもらったのがきっかけです。
「いつかロリータ×ゴシックでデートをしたい。」と言ってくれました。
きっと実現させましょう。
またお会いしましょうね。
4年間どうもありがとう。


MOMOZO


2007.03.19(Mon) - ■カルテ■


cut:025

t48.jpg



夜の飛行場とぼくが乗った飛行機。


以上で【東京写真】の展示を終わります。
ご来場ありがとうございました。


【東京写真】科テ護リー:整形外科



MOMOZO


2007.03.19(Mon) - ■整形外科■


cut:024

t47.jpg




影に映るリクルーター。


MOMOZO


2007.03.19(Mon) - ■整形外科■


cut:023

t24.jpg



人混みの正体。


MOMOZO


2007.03.19(Mon) - ■整形外科■


cut:022

t46.jpg


どこからきたの?
どこに住んでいるの?
どうして髪の毛を青くしているの?
今日は何をしに街に出て来たの?
ピンクが好きなの?
どうして犬のキーホルダーをつけているの?

一人で歩いているおばあさんが気になってしょうがない。



MOMOZO


2007.03.19(Mon) - ■整形外科■


cut:021

t45.jpg


江戸時代の帯を使用した羽織。
長いことアロハシャツを作っているという京都の女性の作品。

何よりも帯の状態の良さに驚く。

昔の人の美意識と現代の美意識のギャップ。
古い文化を伝えるヒトの傍で新しいマーケットを創るヒト。

どっちもあるから楽しいのかな。

__________________

しかし私は着物や帯を切ったりすることにはどうも違和感を感じる。

着なくなった着物をお洋服にするヒトもいるけれど、
やっぱり着物は着物として生かせてあげてほしいと想う。

簡単に帯結びができてしまう質の悪い帯セットや柄足袋なんかも大嫌い。

白い足袋を履いた時の着物の色身の引き立ち様と草履の様を感じてほしい。

ちなみに柄ソックスは賛成派です。



MOMOZO


2007.03.18(Sun) - ■整形外科■


cut:020

t41.jpg


t42.jpg


t43.jpg


t44.jpg


かめら日和。



MOMOZO


2007.03.18(Sun) - ■整形外科■


cut:019

t40.jpg

JョンRノンが行った喫茶店。
ぼくが行った日は定休日でシャッターが降りていました。
サインも飾ってあるようです。
珈琲が好きな人は是非。



MOMOZO


2007.03.18(Sun) - ■整形外科■


cut:018

t39.jpg


駅にあった黒板。
誰かが書いた14の御用件。

マージャンマージャンペチんこって。



MOMOZO


2007.03.18(Sun) - ■整形外科■


cut:017

t38.jpg


わたしのなまえをおしりになりたいのでしょう。
でもいまおもいだせなくてかなしいのです。

と唄う貴女が好きなお店を見つけたので写しました。



MOMOZO


2007.03.18(Sun) - ■整形外科■


cut:016

t32.jpg


t31.jpg


hideが亡くなって来年は10年になる。
本堂の一角に設けられているコーナー。
ファンがお手紙や絵を置いていけるようになっている。
中国語、韓国語、英語のメッセージに、改めて彼の存在の大きさを知る。



MOMOZO


2007.03.18(Sun) - ■整形外科■


cut:015

t30.jpg


生けられたお花。


ののさまにあげましょきれいなおはな。
ののさまにあげましょきれいなおみず。
幼稚園でよく唄ったおうたの歌詞。



MOMOZO


2007.03.18(Sun) - ■整形外科■


cut:014

t29.jpg


「すみません、いいですか?」と女性に話し掛けられた。
どうやらお寺で働いている事務員だと思われたらしい。

この後、お線香の匂いをたっぷりと染み込ませたスーツで説明会へ。



MOMOZO


2007.03.18(Sun) - ■整形外科■


cut:013

t26.jpg


t27.jpg


t28.jpg



この時、何ヶ月ぶりかでぼくは英語で人に話し掛けた。

その人はすべり台で遊んでいる子のお母さんだと思われる。

M: すみません、(公園の横の建物を指して)あれは小学校なんですか?(in English)
the woman: いいえ。小学校にあがる前の子ども達が来るフリースクールなのよ。
来たい子だけ来るの。今日は学校がお休みだから子ども達が自由に遊びに来ているの。
(in English)


なんとなく上のようなことをリスニングできた気がした。


少しの勇気が自信につながるのなら、毎日をもう少しだけ頑張ったら数ヶ月後パワーアップするんじゃないのか。って言うのは簡単なおはなし。



MOMOZO


2007.03.18(Sun) - ■整形外科■


cut:012

t23.jpg



人混みにお仕事のお姉さまが増える頃。
ネイビーの空に浮かぶ彼等の視線。
コントラスト部門で高得点をあげたい。



MOMOZO


2007.03.17(Sat) - ■整形外科■


cut:011

t022.jpg


夕暮れ空の下。


MOMOZO


2007.03.17(Sat) - ■整形外科■


cut:010

t018.jpg


t021.jpg


t020.jpg



49階で視た景色はもはや階数がどうとかいう問題ではない。

ある一定の範囲を超えると、モノの可能性の想像力は想像を絶するところまでいくというかんじで。

例えるならば、火事になったら家の二階から地面までの高さが1メートル位に見えるという話。

大人になったらヒトはびっくりしなくなるのか。
感じることは恥ずかしいのか。
感情は抑えるのが暗黙の了解なのか。

そこで大声なんて出したらどうなるんだろう。

あの時驚きすぎて少しだけ記憶が抜けている。

すごいねぇすごいねぇを連呼したことは憶えているけど。

一瞬ハウルと空を歩いたんだ、確か。



MOMOZO


2007.03.17(Sat) - ■整形外科■


cut:009

t016.jpg


t017.jpg


新鮮すぎてどうしようもなかった。
来たことがあるはずなのに。
不思議なことに、あの時の記憶が無い。
金髪だったあの日のこと。
毎日泣いていたあの頃。
あの頃流した涙の理由は、悲しいでも嬉しいでも悔しいでもなくて、わけがわからなくて私は泣いていたんだ。



MOMOZO


2007.03.17(Sat) - ■整形外科■


cut:008

t012.jpg

t013.jpg

t014.jpg


窓の外に見える人々の歩く姿が忘れられない。



MOMOZO


2007.03.17(Sat) - ■整形外科■





/
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。