Recently
Archive
Category
Link
Profile


スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


--.--.--(--) - スポンサー広告


naturally

084.jpg


たのしみとふあんとあって、
たのしみっておもうあとに、
ふあんがおそってくるし、
ふあんになったときは、
とことんふあんで、
とまらなくなって、
しばらく、みうごきがとれなくなるのです。


MOMOZO

スポンサーサイト

2007.07.31(Tue) - ■カルテ■


long silence

076.jpg



忙しい日々の中で、新しい出会い、新しい環境に触れ、日々、影響を受けています。



MOMOZO


2007.07.30(Mon) - ■カルテ■


the cool breeze

07/28


茶道の先生のお宅で行われる、納涼茶会に行ってきた。





お茶をどうぞ。

077.jpg


頂戴致します。





もう一服いかがでしょうか。

078.jpg


もう十分頂戴致しました。





このやりとりが、いい。





ぼくは、わざわざ、昔使われていた礼儀作法を習うのが大好きで、
色々おしえてもらうのがうれしい。


こないだ、TVで、【江戸しぐさ】というのを説明する、着物を来たおばあさんに釘付けになった。


江戸時代の暗黙の了解のしぐさをあれこれ知ったのだが、
他人への気遣いをこれだけ日常で行うことができるのは、
心に余裕があるからであり、
心に余裕のある生活をすることが足りないと感じた。



みんな、何かに追われていて、常に必死な感じ。

それが、ぼくが東京で感じたイマの日本の空気だった。



だから、アジアにいって、ゆるやかな生活のリズムにはまるヒトもいる。



ゆったりしすぎも、自分の性格には合わないけれど、
もう少し、ココロにゆったり感があってもいいなぁと思う。




MOMOZO


2007.07.30(Mon) - ■レントゲン■


past

075.jpg


私が、今、こうして、今を生きている理由。

ヒトと出会ったり、誰かのコトバが自分に影響して、ここにいる。



感謝できたかと思うと、次の瞬間には、大事な事を忘れて、
自分勝手に、死にたいとか想うんだけど、でも、人間だからなのかな。




MOMOZO


2007.07.27(Fri) - ■カルテ■


china

小さい頃、母の陶器市に時々付き合わされた。

器を手にとっては、中や裏を確かめて置く、を繰り返す母。

僕には、器の何がいいのか、器の何が楽しいのか、全くわからない。

京都の東寺市でも、陶器についた、何万円という値札に、
この人達はバカなのか、と目を疑った。

父が楽しそうに陶器を見ては、ニヤつく姿も鮮明に憶えている。

そんな両親から遠いところで、僕と弟は、古い貨幣を興奮しながら見ていた。

「五百円がお札だよ!!」なんて言って。




陶器が暮らしを楽しくさせたり、
陶器の存在が物を引き立てることを知ったのは、いつからだろう。


茶道をしていると、器や花に触れる。
それ以外でも、陶器に目を向けるようになっていた。


小さい隙き間から、新しい世界が広がっていく。



素材に触れてみる。

そこは、真夏の涼風のように心地よく、愉しい世界。


072.jpg







2007.07.24(Tue) - ■レントゲン■


plants 00-03

068.jpg

069.jpg

070.jpg

071.jpg


MOMOZO (2006)


2007.07.23(Mon) - ■レントゲン■


NON

Model:NON
Photograph:MOMOZO

065.jpg


066.jpg


067.jpg




2007.07.23(Mon) - ■心療内科■


zazen girls

0721

去年に引き続き、お寺に行き、座禅をして、お茶を頂くという行事に参加。

殆ど変わったメンバーの中に、去年も一緒だったKとTも。


Tには去年、お寺の境内にある竹林の中で写真を写してもらった。


今年も同じ場所で、同じくTに写してもらったら、
おもしろいことが起こったので並べてみます。


DSCF4021.jpg


DSCF4022.jpg


上の二枚は、2006/07/29の撮影。


DSCF9491.jpg


DSCF9494.jpg


この二枚が、2007/07/21




構図がほとんど一緒!!!





MOMOZO



2007.07.23(Mon) - ■カルテ■


煙草

DSCF9142.jpg



サークルハウスの外で、煙草を吸う後輩。

この建物の戸なんか、特に、元精神病院だったことを思わせる。



MOMOZO



2007.07.22(Sun) - ■カルテ■


photo circle:02

DSCF9133.jpg

こちらが暗室。

DSCF9126.jpg

地下に通じる階段を改装したとか。

DSCF9130.jpg

ぼくの祖父も押し入れを暗室に、写真を自分で現像する人だった。

DSCF9140.jpg

今、生きてたら、その話を聞きたい。



実家には、祖父が写した写真がたくさんある。
母の子どもの頃の写真、祖母を写したものなど色々。
全て、モノクロで、陽焼けしてセピア色になっていた。

写真をやるようになった今、改めて見てみたい。




MOMOZO


2007.07.22(Sun) - ■カルテ■


photo circle:01

最近、更新スピード遅いなぁ。
まずは、15日に行った、隣の大学のサークルハウスで写した写真を。



DSCF9134.jpg

部室のドアには、ワンダーファーゲル部、自動車部、少林寺部、などなど、手書きで書いてある。

DSCF9112.jpg

こちらは、写真部の部室。

DSCF9111.jpg

映画に出てきそう、な雰囲気。

DSCF9115.jpg

ここで、週に二度、ミーティングをしているという。

DSCF9119.jpg

写真展の前は、こうやって、みんなで現像の作業をするようです。



壁には、30年前から続く、写真展のポスターが貼ってある。
歴史を感じる部で、とっても居心地がよかった。




MOMOZO


2007.07.22(Sun) - ■カルテ■


部と部のつながり

063.jpg


0615

写真展の前日、おとなりの大学の写真部に、行ってきました。

廃墟のような、サークルハウスという建物があって、いろんなサークルの部室があるのです。

この建物、昔は、精神病院だったとか。


ワンダーファーゲル部。
くるりを思い出しました。


写真部では、フィルムの現像の仕方を習ったり、暗室も見せてもらいました。

すごく、いい経験に。


ぼくは、見ているだけだったけど、友達のできあがった写真のいいこと。


カメラもいろいろあるし、現像方法もいろいろだし、いいなぁ、写真。




MOMOZO



2007.07.18(Wed) - ■カルテ■


写真展告知

061.jpg



ゆるやかな空間へ、どうぞ、足を運んでみて下さい。




MOMOZO


2007.07.15(Sun) - ■カルテ■


HOLGA003

Model:CAB(Kazuhiro's)
Photograph:MOMOZO

058.jpg



かずひろくん(おとん)のおんぼろカブ。
弟もカブ乗るし、ぼくもカブ乗ってた。
うちの家族カブ好きなんですよ。



MOMOZO


2007.07.14(Sat) - ■カルテ■


HOLGA002

Model:MINAMI
Photograph:MOMOZO

056.jpg



女の子の最年少専属モデル。




MOMOZO


2007.07.14(Sat) - ■カルテ■


HOLGA001

Model:UTA
Photograph:MOMOZO

059.jpg



初めての花火。



MOMOZO


2007.07.14(Sat) - ■カルテ■


HOLGA000

Model:UTA
Photograph:MOMOZO

057.jpg



平成18年、夏、北海道。



MOMOZO


2007.07.14(Sat) - ■カルテ■


an accident

049.jpg


055.jpg




二枚の写真は、本当に起こった出来事です。

いくらでも、合成や加工が可能な今だけど、切り取る一瞬を逃さなかった奇跡。

フィルム写真のおもしろさをおしえてくれたもの。



※初めてスキャナーを使用。感動。



MOMOZO


2007.07.14(Sat) - ■カルテ■


カンジュセイ

044.jpg




2007.07.12(Thu) - ■カルテ■


距離

043.jpg




離れることがわかるから、距離を置いてしまう。

そんなときがある。

離れるってわかるなら、今のうちにたくさん会えば良いのに、想いが強い程、離れてしまう。


MOMOZO


2007.07.12(Thu) - ■カルテ■



042.jpg


個展やりたい。とか
作品つくりたい。とか
おもうけど、いうけど、
何が伝えたいのか、
何が作りたいのか、
わからないもの。


個展て、本当に忙しい時に、したいなぁって強く思うし、
作品て、疲れてる時、テキトーな時、暗い気持ちの時、
突然生まれる。


テスト前にお部屋の模様替えしたり、
雑誌切り抜いたり、
そういうときには、すごく発想力があったり、上手にいったりするもので。


来週からやる、写真部の写真展。
コンセプトは、ノンコンセプト。

それでも、「作品を用意しといて。」と言われても、
ゼロから何をつくろうって考えても無理なもので、
結局、前に撮っていたものを選んで、出すことにした。



MOMOZO


2007.07.11(Wed) - ■カルテ■


hospital

041.jpg


七夕の夜は、撮影会を。

医者の白衣やナース服を着て、初めて、桃色病院らしいことをしました。



今年の七夕のお願いは、ライブと写真展が成功しますように、と書きました。



MOMOZO


2007.07.10(Tue) - ■カルテ■


一時帰宅

039.jpg


黙っていることもいいよね。



MOMOZO


2007.07.09(Mon) - ■カルテ■


へたくそな図鑑

038.jpg



バンド練習3時間。

歩いたり走ったり飛んだり跳ねたり踊ったり寝転がって歌った。

みんなでたくさん笑う。



笑おう。


笑ったらすごく傷が溶ける気がするんだ。




ほんとの笑いを。




MOMOZO





2007.07.06(Fri) - ■カルテ■


ロックンロールアイロン

037.jpg



夕方に、読書を。
菊次郎とサキを予習。


本当に、サトエリが、可愛い。

ドラマがんばってください。






久しぶりに弟1号、2号の声を聞いた夜。



MOMOZO


2007.07.05(Thu) - ■カルテ■


make

036.jpg



静物を撮るのに、撮るヒトによって随分写り方が違うんだけど、
ポートレイトの場合もすごく個性が出るもので、その違いに驚きを隠せない。
と同時に、写真世界にどっぷりどっぷりはまっていく。



写真は、感性を知るいい道具かもしれない。


写真を始めて世界が変わった。

(これは大袈裟チックだけど、本当にそう思う。)


写真を始めてよかった。



しかし、この表情、赤ちゃんの時の私みたい。
こんな表情している写真が実家にある。




MOMOZO


2007.07.05(Thu) - ■カルテ■


comprehension

035.jpg



お互いが、相手にすごく興味を持ち、
何を考えているのか、何者なのかを、互いに問うことをなんていうの?

そういうのができるのって素敵ですね。

恥ずかしがらないのがすごく良い。




MOMOZO


2007.07.05(Thu) - ■カルテ■


change

032.jpg


ひとりのよろこびは、
となりのよろこびで、
まわりのよろこびで、
みんなのよろこびで、
せかいのよろこびで、
あいのはなになってさく。


あたらしいいのちがたんじょうするときみたいに。



MOMOZO


2007.07.04(Wed) - ■カルテ■


sex

031.jpg



MOMOZO


2007.07.03(Tue) - ■カルテ■


a cycad

030.jpg




今、お手紙を書きたいヒトが、二人。

祖母と小学生の時に転校した級友。


MOMOZO


2007.07.02(Mon) - ■カルテ■





/
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。